クレジットカード

クレジットカードは18歳未満でも持てる!作り方を徹底解説

どうも、カジヒラです。

今回は、18歳未満でもクレジットカードは持てるのかについて、解説していきます。

通常、18歳未満はクレジットカードを持つことができません。

各カード会社でも、18歳未満の申し込みは受け付けませんから。

だけど、18歳未満の未成年でも、ある理由でクレジットカードを持てます。

18歳未満の人が、どのようなクレジットカードを持てるのか、どのような方法で作るのかなどを解説していきます。

18歳未満でクレジットカードを持ちたいという人や、留学を希望する15歳以上の子どもを持つ親御さんは是非、本記事を参考にしてみてください。

18歳未満でも持てるクレジットカードはある

18歳未満でも持てるクレジットカードは、ありません。

各カード会社では、18歳未満はクレジットカードの利用どころか、申し込み自体も禁止しているからです。

家族カードだったらどうだろうか?と疑問を抱く人もいますが、家族カードでも、18歳未満の人は持てません。

15歳~18歳未満でも家族カードを持つ方法がある

それは、海外留学です。

15歳から海外留学する子どもは少なからずいます。というより、中学校卒業してからの時期ですね。

しかし、海外留学する以上、何かしらの保険を持たなくてはなりません。

クレジットカードであれば、付帯されている旅行傷害保険が役に立ちますしね。

家族カードでも保険は有効的で、本カードであるクレジットカードと同じサービスを受けられます。

最大90日間は有効なので、短期留学なら、最大90日間有効の海外旅行傷害保険が付帯されたクレジットカードの家族カードを子どもに持たせても良いです。

ただし、留学が終わったら、その家族カードは使えなくなるので、注意しましょう。

ゴールドカード以上であるのが必須

クレジットカード全てが、海外旅行傷害保険が付帯されているとはかぎりません。

ゴールドカード以上のクレジットカードであるのが必要です。

ゴールドカード以下のクレジットカード、いわばベーシックカードやスタンダードカードと言った、ステータスの低いクレジットカードは保険が付帯されていません。

付帯されているにしても、サービスが充実していないのがほとんどです。

そのため、海外旅行傷害保険が使える家族カードを得るためには、本カードがゴールドカード以上でなくてはなりません。

年会費はかかるのですが、付帯されている保険やその他特典が充実されていると考えると、年会費は安いものです。

だけど、ゴールドカード以上であるプラチナカードやブラックカードなど、ステータスの高いクレジットカードは、保険やその他特典がさらに充実されています。

年会費は高いですけどね。

18歳未満でおすすめのクレジットカードを3選まとめ

18歳未満でおすすめのクレジットカード、というより家族カードを3種類まとめました。

海外旅行傷害保険が付帯されているだけでなく、年会費に相応するような付帯サービスや特典などが搭載されています。

時間があれば、別記事を用意して、まとめていきます。



18歳未満でクレジットカードを持てなかった場合

18歳未満でクレジットカードを持てなかった場合、以下の方法があります。

  • チャージ式プリペイドカードを利用
  • デビットカードを利用
  • 海外留学の場合は海外留学保険に加入

3つの方法を次に挙げて、解説していきます。

チャージ式プリペイドカードを利用

プリペイドカードは、年齢制限と審査がありません。

現金をチャージすれば、クレジットカードと同様に買い物できます。

三井住友カードやゆうちょなどでもプリペイドカードは買えますし、プリペイドカードをインターネットから購入することもできます。

プリペイドカードの購入価格は、銀行など金融機関によって異なりますが、200円~300円で買えるのがほとんどです。

デビットカードを利用

デビットカードは、決済時に自身の銀行口座からリアルタイムで引き落としされる、カードです。

クレジットカードと同様に使うことができる、便利なカードとなります。

審査を必要とせず、15歳からデビットカードを作ることが可能です。

カード会社や銀行によって、16歳から申し込めるという条件もあります。

まあ、高校生になってから、銀行口座の開設やらなにやらで忙しいんですがね。

クレジットカードのような後払い決済ではなく、デビットカードは前払い式です。

使い過ぎには、注意しましょう。

海外留学の場合は海外留学保険に加入

18歳未満がクレジットカードを取得できないまま、海外留学が決定した場合、海外留学保険の利用がおすすめです。

長期留学するなら、なおさら必要となりますし、海外留学保険を提供している保険会社もいくつか存在します。

  • AIG保険
  • 損保ジャパン
  • 三井住友海上

ただし、長期であればあるほど、保険料が高くなるのでご注意ください。

まとめ

クレジットカードは18歳未満でも持てるのかについて、紹介しました。

通常は持てませんが、家族カードなら持てますし、家族カードでも同様の付帯サービスや特典を得られます。

子どもが海外留学するなら、ゴールドカード以上の機能を持ったクレジットカードを親が持ち、その家族カードを子どもに与える必要があります。

長期留学なら、保険会社が提供している海外留学保険の利用がおすすめです。

それでは、良い生活を…。

ABOUT ME
カジヒラ
カジヒラと申します。2020年11月18日から本格的に雑記ブログを始めました。 現在はマイクラとクレジットカードと格安SIM・モバイルWIFI・光回線の記事執筆に力を入れており、たまに日記やその他の記事も書いております。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)