【配信初心者向け】初めてゲーム配信するならこれがおすすめ

Twitch・YouTube・その他配信
スポンサーリンク

どうも、カジヒラです。

今回は、ゲーム配信初心者に向けて、必要な機材とおすすめの機材を紹介していきます。

イチナナやポコチャなどライブ配信サービスの場合、基本的にスマホひとつで十分です。もっとも、リスナーにストレスを与えないようにヌルヌル配信をするために、iPhoneなどハイスペックなスマホの利用が求められますがね。

ゲーム配信も、ミラティブなどであればスマホひとつで配信可能ですが、本格的にゲーム配信をするとなると、ゲーミングパソコンはもちろん、ゲーム環境に適したマウスとキーボードとモニターだけでなく、マイクなど色々と揃えなければなりません。

色々揃えるということは、それだけお金がかかるということです。もちろん、みんなわかっててゲーム配信に参加します。初めてゲーム配信をするなら、いきなりハイスペックなパソコンや周辺機器を使わず、まずはゲーム配信とはどういうものなのかという感覚を掴まなければなりません。

慣れてきたら、スペックの高いパソコンと周辺機器を利用していけばいいだけです。

だけど、初心者にとってどういうパソコンがいいのか、どういう機材がいいのか、なるべくお金をかけずに揃えたいと、多くの人は本音を抱いています。

そこで、初めてゲーム配信をやりたいという方のために、おすすめのパソコンと周辺機器、配信機材を紹介していきます。これからYouTubeやTwitchやミルダムなどでゲーム配信をしたいという方は是非、本記事を参考にしてみてください。

当時、僕がTwitchでゲーム配信していたときの周辺機器と、欲しかったものも含まれています。

ゲーミングPCのスペックはこれで十分

現在、僕が使っているゲーミングPCの主なスペックは、以下の通りとなります。

CPU:Intel Core i7 9700
メモリ:16GB
GPU:GeForce GTX 1060 3GB

このスペックで当時、Twitchで配信していたのですが、このスペックより下のゲーミングパソコンで配信をしていたという方もいるのとのことです。

ちなみに僕、上記のスペックでApexやフォートナイトをプレイしていました。デッドバイデイライトもね…。

だけど、PUBGやCODなどの場合、

CPU:Intel Core i7 9700 または AMD Ryzen 7 3700X
メモリ:16GB
GPU:GeForce RTX 3060 12GB

以上のPCスペックが要求されます。

だけど、ゲーミングPCは高くて買えない…。その場合は分割払いでの購入がおすすめです。

しかし、分割で購入できるパソコンショップはあるのか、あったとしても分割手数料がかかってしまうので、なかなか踏み切れない…。その場合は、パソコン工房というBTOショップがおすすめです。

パソコン工房は現在、最長48回までなら、分割手数料が無料になるというキャンペーンが行われています。※2021年9月30日現在

発生する分割手数料はパソコン工房が全額負担し、ご自身はパソコンの価格分だけ最長48回払いすればいいだけという内容です。

まとめますと、最長48回まで分割手数料が無料になるというキャンペーンを利用すれば、ゲーミングPCを低予算で導入できることです。ただし、審査があるので注意してください。

ちなみに僕は2PCでゲーム配信したいので、2台目のパソコンはパソコン工房で購入したいと考えています。

パソコン(PC)通販のパソコン工房【公式】
BTOパソコンやノートPC、Windows10のことなら、「パソコン工房公式サイト」をご利用ください。BTOのデスクトップPCは、リーズナブルで抜群のスペックが魅力!国内生産iiyamaPCもラインナップ充実!全国店舗展開でサポート・アフターケアも万全!

ゲーム配信に必要な機材は5つ!初心者におすすめの機材を紹介

まずはゲーム配信に必要な環境を揃えていきます。

  • ゲーミングマウス
  • ゲーミングキーボード
  • ゲーミングモニター
  • マイク
  • ゲーミングイヤホン

この5つを揃えないと、ゲーム配信ができないと考えてください。しかし、どの機材がいいのかわからないと悩む方はいるでしょう。

そこで、初心者におすすめの機材を紹介いたします。紹介する物の中に、僕が使っている物や欲しかった物も含まれているので、レビューを交えながら、おすすめする理由を解説していきます。

ゲーミングマウス ロジクール G304

普通のマウスでもゲームはできますが、不便です。ゲームをする際はゲーミングマウスの利用が求められます。

僕が使っているゲーミングマウスはこちらです。

普通のマウスより高いのですが、ロジクール製でありながらゲーミングマウスの中でもコスパは高いと言っても過言ではないでしょう。ワイヤレスでありながら、タイムラグがあまり感じられないのが魅力です。

実際に僕はこのゲーミングマウスで在宅ワークしていますし、Apexやフォートナイトやデドバイなどのゲームをプレイしたことがあります。

ロジクールを使う前は1,980円ぐらいの中華ゲーミングマウスを使ったことがあったのですが、1ヶ月くらいで壊れ、オシャカになりましたね。所詮は中華製品と言ったところでしょう。

初めてのゲーミングマウスで外れを引きたくないなら、ロジクールのG304を選ぶのが無難です。

ゲーミングキーボード ロジクール G213r

ゲーム配信が初めてだけでなく、PCゲーム自体が初めてという方には、このロジクール製のゲーミングキーボードが無難ですね。

¥7,700 (2021/10/16 08:36時点 | 楽天市場調べ)

僕が欲しいゲーミングキーボードのひとつでもあります。使ったことがないので詳しいことはわからないのですが、キーにひらがながないのがデメリットです。

とはいえ、ローマ字打ちで入力している僕にとっては、デメリットのうちに入りません。耐久性に優れているのが大きな魅力です。

ちなみに僕は、1,000円もしないバッファロー製の普通のキーボードを使用しておりますwww

いつか買いたいと思っています。

ゲーミングモニター ASUS VG245HEY-J

続いてはゲーミングモニターです。僕が現在、使用しているゲーミングモニターはこちらです。

主なスペックは「0.6ms・75Hz・HDMIx2」なので、遅延を気にすることなくスムーズなゲームプレイができます。

価格を考えると、初めてゲーミングモニターを買う人には向いていると言えますし、コスパも抜群です。

ゲーミングモニター選びに迷っているのなら、こちらのゲーミングモニターを選べば間違いないでしょう。

マイク FIFINE K669B

僕の場合、マイク選びにかなり迷いました。音質が大事になるので、自分のチャンネルを視聴してくれるリスナーに、ストレスなく自分の声を届けたいと思いながら、このマイクにたどり着きました。

USBコンデンサーマイクのひとつで、この価格でありながら高音質であるのが魅力です。初心者におすすめできるマイクのひとつでもありますが、マイクアームとポップガードを用意できれば、さらに満足行くゲーム配信が期待できるでしょう。

マイクアームとポップガードのセットとなりますが、今後ゲーム配信を続ける場合は、上記の商品がおすすめです。

ゲーミングイヤホン HyperX HX-HSCEB-RD

イヤホンは必ず必要です。スピーカーを解放してしまうとマイクに影響を及ぼし、大きなハウリング音が響きます。僕の場合、パソコンではなくゲーミングモニターのほうにイヤホンを差し込んで使用していました。

おすすめするイヤホンはこちらです。

¥4,990 (2021/10/16 08:36時点 | 楽天市場調べ)

音質が良く、ゲームの臨場感を高めてくれるとして、僕が欲しいゲーミングイヤホンのひとつです。価格も高くないので、初心者でもおすすめできます。

マイク付きとのことなので、マイクの音質はどうかはわかりませんが、きっと良いでしょう。僕は使わないと思いますがね。

ゲーム配信にあったほうが良い機材は5つ!おすすめの機材を紹介

この機材がなくてもゲーム配信はできますが、あったほうがゲーム配信の幅が広がる、配信できるゲームの幅が広がるなどのメリットがあります。

そこで、ゲーム配信にあったほうが良い機材は5つです。

  • キャプチャーボード
  • スマートフォン
  • タブレット端末
  • ゲーミングチェア
  • パソコンデスク

なぜこの5つなのか、その理由を解説しながら、おすすめの機材を紹介していきます。

キャプチャーボード Elgato Game Capture HD60S

Twitchで配信していたとき、僕が使っていたキャプチャーボードです。

多くのゲーム配信者が愛用しており、有名なYouTuberやストリーマーなども愛用しているほど、名の知れたキャプチャーボードであります。

キャプチャーボードとは、PS5・PS4、ニンテンドーSwitchなどゲーム機の映像と音声をパソコンに出力するために必要な機器です。テレビゲームを配信するときに、キャプチャーボードは欠かせません。

しかし、キャプチャーボードの価格は決して安くなく、外れを引きたくないという方は慎重にならざるを得ません。

HD60Sであれば、パススルー機能があるので遅延の心配はなく、コスパは高いと考えています。

ちなみに、僕が書いたHD60Sのレビュー記事があるので、HD60Sを購入するなら参考にしてみてください。

ちなみに、僕が欲しくてたまらないキャプチャーボードは、こちらです。

AVerMedia製品の4Kパススルー対応のキャプチャーボードです。AVerMediaも有名なメーカーのひとつで、キャプチャーボードを選ぶなら、AVerMediaとElgatoのどちらかとなります。

しかし、GC550 PLUSは価格が高いのがデメリットです。そういった理由もあるので、僕は購入するならHD60Sをおすすめしました。

余談ですが、Amazonには、なんかわけのわからないキャプチャーボードや、中華製品と思われるキャプチャーボードが格安で販売されています。これらのキャプチャーボードの購入はおすすめできません。

なにが起こるのか不安なので、安全に使うなら、AVerMediaとElgatoの製品が良いですね。

スマートフォン Motorola moto g100

スマホを使う主な目的は、自分がゲーム配信している様子を確認するためです。ゲーム配信する以上、常に配信状況を確認しなければなりません。

いつのまにか配信が停止していたなんてことになったら、今までのゲーム配信はなんだったんだろうと思いますよね?別にスマホがなくても、普通のパソコンでも配信の様子を見られますし…。

知っている方は多いと思いますが、スマホひとつで基本的にゲーム配信は可能です。YouTubeとTwitchの場合、スマホだけでの配信は向いていませんが、ミラティブのようなスマホゲーム配信に特化したライブ配信サービスです。

もし、スマホひとつでゲーム配信したいなら、こちらのAndroidスマートフォンをおすすめします。

MotorolaのSIMフリースマートフォンで、「Qualcomm® Snapdragon™ 870」というハイスペックのCPUが搭載されています。問題なくゲームできますし、ストレスのない配信もできるでしょう。

僕が欲しいスマホのひとつで、確かUSBケーブル1本で外部のモニターに出力できるとのことです。

ちなみに、僕が現在(2021年9月30日時点)使っているスマホはこれです。

¥18,000 (2021/10/12 10:43時点 | 楽天市場調べ)

おサイフケータイの機能が搭載されているので、キャッシュレス決済に役立てます。「Qualcomm Snapdragon 710」のCPUも搭載されており、ほとんどのゲームもヌルヌルでプレイできます。

このスペックなら、スマホ配信もできると思いますが、大丈夫か気になるところですね。

タブレット端末 第4世代 iPad Air 256GB

タブレット端末を利用するなら、iPad一択です。iPadと言っても、ただのiPadやiPad Pro、iPad Air、iPad miniなど様々な種類があります。

タブレット端末でスマホ配信は可能ですし、多くの有名なYouTuberやストリーマーも、タブレット端末にキャプチャーボードを接続して、ゲーム配信しています。

僕がもっとも欲しいiPadはこちらです。

CPUが「A14 Bionic チップ」ですが、ゲームをプレイするのに問題ありません。

もし、余裕がありましたら、iPadを購入しても良いでしょう。

ゲーミングチェア GT002

ゲーミングチェアはなくても問題ありませんが、長時間配信するなら、あったほうが良いでしょう。頭から腰を全体的に包み込むハイバックシートを採用しているので、長時間座ってもあまり疲れません。

ゲーミングチェアは数多くあるのですが、 僕が現在(2021年9月30日時点)使っているゲーミングチェアはこれです。

¥17,800 (2021/10/01 08:20時点 | Amazon調べ)

感想を言わしてもらいますと、座り心地は悪くなく、むしろ快適です。この価格でゲーミングチェアを買えるのかと、むしろ驚いています。

ゲーミングチェア選びに迷っているのなら、GT002を選べば間違いないでしょう。ただし、重量があるので、組み立てに苦労するのがデメリットです。僕は1人で組み立てましたが、それなりに苦労しましたねw

パソコンデスク サンワダイレクト

パソコンデスクがあればいいのですが、ない場合は購入する必要があります。

ちなみに、僕が現在(2021年9月30日時点)使っている 、パソコンデスクはこちらです。

幅120cmのパソコンデスクでも良いのですが、幅140cmあれば、多くの物を置けますし、不便は感じません。僕の場合、ゲーミングモニターと19インチの液晶テレビを乗っけています。

幅広いパソコンデスクをお求めの方は、僕が使用しているパソコンデスクを選べば間違いないと言えるでしょう。

まとめ

初めてゲーム配信をする方に向けて、おすすめの機材や家具などを紹介しました。

結局のところ、自分の配信に合わせて環境を整えることが大事です。

ゲーム配信をやっていくうちに、これがあればとか、これが欲しいなどと、次々と思い浮かぶでしょう。

本格的にゲーム配信するなら、失敗してください。初めから成功しません。失敗から次々と学び、工夫を繰り返すことで、初めて成功につながるのです。また、コツコツと続けていくことも、忘れないでください。

徐々に有名になっていき、最終的に配信だけで食べていけるようになっていくでしょう。

それでは、良いゲーム配信ライフを…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました