Gaming+(ゲーミングプラス)は契約する価値があるかどうかを調べてみた

インターネット
スポンサーリンク

どうも、カジヒラです。

僕はTwitchでゲーム実況してきましたが、光回線が来るまで休業しています。

住んでいるところが光回線エリア外ですが、2022年4月頃には来ることが正式に決まりました。本当に来るかどうかわからないけど…。

光回線が来たとき、どのプロバイダーにしようかと迷っています。候補のひとつとして挙げられたのが、Gaming+(ゲーミングプラス)です。

Gaming+は、eスポーツゲーマー向けに特化したプロバイダーとのことですが、実際どうなのかと僕自身、気になります。

そこで、Gaming+を契約する価値があるのかどうかを僕なりに調べて、解説していきます。

これからGaming+を利用するかどうかを迷っている方は是非、参考にしてみてください。

e-Sportsゲーマー向けプロバイダー「Gaming+(ゲーミングプラス)」
Gaming+(ゲーミングプラス)は、通信速度と安定性が求められるe-Sportsのためのインターネットプロバイダーサービス。オンラインゲームや動画サービスを楽しみたいなら、下り最大1Gbpsの通信速度を誇るGaming+(ゲーミングプラス)で決まり!

Gaming+の基本情報

Gaming+の基本情報を各カテゴリーに分けて、まとめていきます。

Gaming+を利用する条件

条件 説明
1.NTT東日本または西日本のフレッツ光に加入している。 NTT東日本と西日本のフレッツ光の光ネクスト・光ライト・光クロス、それに準ずる光コラボレーションと契約していることが必要である。
2.対象機器を設置していること ①NTT製のホームゲートウェイ
PR-500KI、PR-500MI、RT-500KI、RT-500MI、RS-500KI、RS-500MI、PR-600KI、PR-600MI、RX-600KI、RX-600MI
※2020年12月31日時点、NTTがレンタルに対応している機器で、全てGaming+に対応しています。②メーカー製のv6プラス対応ブロードバンドルーター
詳しくはこちら「JPNE」のWEBサイトをご確認ください。
3.類似するIPv6サービスを利用していない
Gaming+接続判定ページで、接続状況を確認できる
他のプロバイダーのIPv6サービスを利用していないこと。利用していた場合は、IPv6サービスの契約を解除すること
4.上記の3つの条件がクリアされたら、Gaming+を利用できます。 全ての条件をクリアできたら、Gaming+の利用を申し込めます。

Gaming+の利用料金

初期費用 0円
月額 3,278円(税込)
※ご利用開始月無料+無料お試し制度あり

オプション料金であるグローバルIPオプションの利用料金

初期費用 2,200円(税込)
月額 2,200円(税込)

Gaming+とグローバルIPオプションの利用を合わせると、月額5,478円(税込)となります。

料金表示が非常に単純なため、初めて光回線のプロバイダーを利用する方にとっては優しいです。

グローバルIPについて

グローバルIPとは、インターネットに接続する機器に使用するIPアドレスで、IPアドレスの重複はあり得ません。固定IPアドレスとも言います。

グローバルIPの主な使い道は以下の通りです。

  • オンラインゲーム対戦型
  • マインクラフトのマルチプレイ
  • VPN接続
  • サーバー公開
  • WebカメラなどIot機器(モノのインターネット)

グローバルIPについてなにもわからなかったので、その使い道を調べてみましたが、僕達の生活に密接に関わっている部分があるようです。

特にWebカメラなどIot機器という部分。僕はIot機器を使用したことはないのですが、なくても十分生活できています。

Gaming+の支払い方法とは?

支払い方法はクレジットカード払いと口座振替の2つのみとなっております。

クレジットカード払いに対応する国際ブランドは以下の通りです。

  • Visa
  • JCB
  • Mastercard
  • AMEX
  • Diners Club

Gaming+の口座振替に対応できる金融機関は、こちら対応金融機関一覧(Gaming+/PDFファイル)に掲載しております。

Gaming+の回線速度はどれくらい?V6プラスの恩恵はある?

フレッツ光ネクストのプランで回線契約すると、最大1Gbpsの速度を発揮します。

Gaming+はV6プラスに対応しているので、安定した高速通信を行えます。

V6プラスは光回線の次世代の接続方式で、夜間の混雑時でも安定した高速通信を行えるのが特徴です。

なぜ安定した高速通信を行えるのかと言いますと、「IPv4 over IPv6 IPoE方式」という方式を取っていることにあります。

今まではIPv4でインターネットを提供していましたが、時間帯による混雑の影響で通信速度の低下が発生し、満足にインターネットを利用できずにいました。

「IPv4 over IPv6 IPoE方式」という方式を採用し、IPv6のネットワークも活用することで、混雑を避けて快適なインターネットを楽しむことができるというわけです。

V6プラスに対応しているプロバイダーはGaming+だけではありません。GMOとくとくBBなど、他のプロバイダーでもV6プラスに対応するようになっています。

Gaming+でポート開放は可能か?

Gaming+で提供しているグローバルIPオプションを利用すれば、ポート開放は可能です。

やり方については以下の公式サイトのページを参考にしてみてください。

マインクラフトをやっている人、マルチプレイで遊びたいという人には、グローバルIPオプションがおすすめできますね

Gaming+の評判はどう?

e-Sportsゲーマー向けプロバイダーだけあって、回線速度はなかなかのものですね。

他のプロバイダーはダメだけど、Gaming+に変えただけで、こんなに環境が変わるとは予想外です。

料金の高さに不満を抱いている人は少なからずいます。

5,000円越えって、グローバルIPオプションの利用料金込みでそうなっているだけで、グローバルIPを利用しなければ3,000円台で済みます。

3,000円台でも高いという人はいますが、価格.comを見てみますと、月額3,000円以上で提供しているプロバイダーがいっぱいあります。

光回線料金比較【最安プロバイダはどこ?】 - 価格.com
光回線の料金はいくら?光回線の料金・キャンペーン・人気を徹底網羅。回線とプロバイダセットの料金をキャンペーンを考慮した実質の最安料金で徹底比較できます!入会の特典で価格.com限定キャッシュバックを実施しているプロバイダも多数あります。

中には3,000円以下で提供しているプロバイダーもあるので、どれが安いのかについては一概に言えません。

V6プラスに対応していないプロバイダーも少なからず存在しているようなので、よく確認して決断しましょう。

まとめ

Gaming+について紹介しましたが、契約する価値はあるのかといえば、僕は若干あると言えます。

なぜ若干なのかと言いますと、やはり料金の高さにあります。

同じ条件であれば、Gaming+ではなく、料金を格安で提供しているプロバイダーと契約したほうが良いです。

カジヒラはどこのプロバイダーを使いたいのかと言いますと、GMOとくとくBBを利用したいプロパイダーの候補に入っています。

GMOとくとくBBが提供するサービスの料金を簡単にまとめました。

プラン 内容 月額料金
フレッツ光 V6プラスの利用料金 WiFiルーターセットも含まれる 1,090円(税込)

安いです!速度は上がり下りで平均300Mbpsと出て、安定しているとのことです。

フレッツ光対応「v6プラス」|GMOとくとくBB
速さにこだわるインターネット「v6プラス」をご提供。月額991円(税抜)。フレッツ光対応プロバイダーだから工事不要、プロバイダーの乗換だけ!プロバイダーならGMOとくとくBB

光回線が来たら、僕はGaming+よりGMOとくとくBBを選びたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました