【レビュー】ゲーム実況するならElgatoのHD60Sがおすすめ!

パソコン・周辺機器
スポンサーリンク

どうも、カジヒラです。

ご存知のとおり、HD60SはElgato製のキャプチャーボードです。有名実況者の多くが使っているほど人気が高く、これからゲーム実況を始めたいという方に向いています。

しかし、値段は安くなく、購入するかどうか迷っている人はたくさんいます。

今回は、僕が配信に使っていた「Elgato Game Capture HD60 S」についてレビューいたします。

HD60Sの基本情報

  • インターフェース:USB3.0
  • 入力エントリー:PS5、PS4、Xbox Series X/S、Xbox ONE、Nintendo Switch(非暗号化HDMI)
  • 出力:HDMI(ラグのないパススルー)
  • 対応解像度:1080p60、1080p60、1080i、720p60、720p30、576p、576i、480p
  • 最大ビットレート:up to 40 Mbps
  • サイズ:112×75×19mm/4.4×3×0.75in
  • 重量:106g/3.7oz

HD60Sは2016年にElgatoから発売された外付けのソフトウェアエンコード式キャプチャーボードです。2016年に発売されたにも関わらず、未だに人気が衰えません。

HD60Sのメリット・魅力とは?

HD60Sのメリット・魅力は3つあります。

  • 高画質とヌルヌルで配信できること
  • 低遅延でかつパススルー機能があること
  • 持ち運びや移動に便利

3つのメリット・魅力を次に挙げて、解説していきます。

高画質とヌルヌルで配信できること

フルHDと60FPSに対応しているのが大きなメリットで、HD60Sであれば高画質でかつヌルヌルで配信することができます。

4Kで配信したい場合は、Elgatoのキャプチャーボード「4K60 Pro」の使用がおすすめです。


4K60 Proは4Kで配信できるキャプチャーボードのひとつですが、内蔵型なのでデスクトップパソコンにしか使えず、取り付けが面倒であるのがデメリットです。

それでも、HD60Sに並ぶ人気商品のひとつなので、高画質での配信を望むのなら4K60 Proがおすすめです。

低遅延でかつパススルー機能があること

僕は初めてキャプチャーボードを購入するとき、遅延についてこだわりました。

そのときに出会ったのがHD60Sで、購入の決め手となったのが、HD60Sにパススルー機能が搭載されていることです。

パススルーとは、テレビまたはモニターにゲーム画面を出力する機能です。いくらHD60Sが低遅延でも、少なからず遅延があります。

僕は遅延が気になり、配信用パソコンとは別のモニターを用意し、そのモニターにゲーム画面を映してプレイしていました。

パススルーを使って、別のモニターでプレイすることで、遅延は全くありませんし、気にもなりません。

ちなみに、僕が使っているモニターは下記に掲載します。


高画質で音質もよく、HDMIポートが2つ付いているので、便利に使っています。ただし、DP(ディスプレイポート)に対応していないので、購入する際は注意しましょう。

僕はHDMIケーブルで、パソコン本体とモニターにつないでいます。

持ち運びや移動に便利

外付けで手のひらサイズなので、持ち運びや移動にも便利です。

HD60Sを購入する前に確認すべきこと

HD60Sを購入する前に確認していただきたいポイントは以下の通りです。

  • ゲーミングパソコンを用意する
  • USB3.0
  • 対応しているゲーム機種

そのポイントを次に挙げて解説していきます。

ゲーミングパソコンを用意する

HD60Sはスペックの高いパソコンでの使用が求められます。公式サイトでは、以下のスペックを推奨しているとのことです。

  • OS:Windows10(64bit)
  • GPU:NVIDIA GeForce 600以上
  • CPU:Intel Core i5以上(第4世代以上)

今のゲーミングパソコンは、HD60Sの動作に必要なスペックを満たしているのがほとんどです。

ゲーミングパソコンはどこで買えばいいのかについては、後ほど別の記事にて詳しく紹介していきます。

USB3.0

今のゲーミングパソコンはUSB3.0のポートを搭載しているので、これについて気にする必要はありません。

HDMIの出力に対応しているゲーム機種

上記の見出し「HD60Sの基本情報」に記載しておりますが、対応機種は「PS5、PS4、Xbox Series X/S、Xbox ONE、Nintendo Switch(非暗号化HDMI)」となっております。

しかし、僕はHD60SでWiiUをプレイして、Twitchで実際に配信したことはあります。バーチャルコンソールで配信されているスーパーマリオ64ですがねw

僕がWiiUを買ったのはバーチャルコンソールをプレイすることにありますが、WiiUでしかできないソフトをプレイしたいという気持ちもあります。

こういったレトロフリークというゲーム機を使えば、レトロゲームの配信が可能ですね。

ちなみに、レトロフリークにも対応しているとのことです。


それから、iPhoneやiPadでも、こういったApple純正の変換アダプタを利用すれば、HD60Sを経由して配信することも可能です。

HD60Sの使い方

僕はOBS Studioという無料の配信ソフトを使って、ゲーム配信をしてきました。Twitchで配信する場合はStreamlabs OBSという無料の配信ソフトを使っていますがね。

HD60Sの使い方の手順を次に挙げて、解説していきます。

HD60Sのドライバーをインストール

僕が普段から使っているHD60Sですが、まずはElgatoの公式サイトにアクセスして、ダウンロードページに飛びます。

面倒くさい場合は下記にリンクを張っておきます。直接アクセスできるので、是非活用ください。ちゃんと日本語に対応しています。

Download and Support | elgato.com
Empowering Content Creators. Elgato Gaming Downloads

次は青いバナーに書いてある「SELECT YOUR PRODUCT」をクリックして、HD60Sを選択。もうひとつの青いバナーに「WINDOWS」と記載されている場合はそのまま。MACであればWINDOWSに変更です。

その次は「GAME CAPTURE」と書かれた画面が出てくるので、青いボタンをクリックしてダウンロード。これがHD60Sのドライバーとなりますので、そのドライバーをインストール。

ちなみに、「GAME CAPTURE」のほかに「4K CAPTURE UTILITY」があるのですが、それは無視して構いません。

OBS STUDIOをインストール

OBS ATUDIOはこちらのリンクにアクセスし、ダウンロードとインストールを行ってください。

ダウンロード | OBS
OBS (Open Broadcaster Software) is free and open source software for video recording and live streaming. Stream to Twitch, YouTube and many other providers or r...

無料なので料金はかかりません。日本語に対応しているので安心してください。

OBSにHD60Sから出力される映像を映す

HD60Sが起動中で、パソコンに接続されていることをご確認ください。

次は以下の手順通りに作業を進めてください。

  1. OBSを起動
  2. ソースにある「+」をクリックして映像キャプチャデバイスを追加
  3. デバイスを「Game Capture HD60 S」に変更
  4. 音声出力モードが「音声のみをキャプチャ」であることを確認

このとおりに行えば、ゲーム画面がOBSに映し出されます。

僕はこのとおりに設定し、ゲーム画面をOBSに映像を出すことができましたし、ゲーム音声も出ました。

HD60Sを使ってみた感想

結構使いやすくて良いです。

自分はHD60Sに付属されているUSBケーブルを使用。ただし、HDMIケーブルは付属のものではなく、HDMI2.1規格のケーブルを購入して使用しています。

値段は少々高いですが、こちらのほうが性能高いですし、早いのが理由です。


安いキャプチャーボードはAmazonなどに多く出回っていますが、逆に安くて不安と抱く人はいます。

僕的には、キャプチャーボードを買うなら、ElgatoとAVerMediaのどちらかだと思っています。

リスクを回避するという理由もあるし、メーカー自体が高い信用性を持っているという理由もあります。

自分はゲーム配信初心者で、PS4やPS5、ニンテンドースイッチで配信したいという人は、HD60Sはおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました