包丁はステンレス包丁?鋼包丁?どっちを買うのが正解?

調理器具
スポンサーリンク

僕は普段から料理をしており、特に包丁についてこだわっています。一般的に見られるのはステンレス包丁で、価格も高くありません。

鋼包丁の場合はステンレス包丁より価格が高いのがほとんどですが、それでも僕は鋼包丁を使っています。

ステンレス包丁と鋼包丁、どっち買えば正解なのかと悩む人はたくさんいます。そこで、ステンレス包丁と鋼包丁を比較し、どっち買うのが正解なのかをご紹介いたします。

ステンレス包丁の特徴


ステンレス包丁は世界に普及されているスタンダードな包丁で、特徴のひとつとして挙げられるのが、サビにくいことにあります。サビにくいので、お手入れも簡単です。

素材も硬いので、刃こぼれしにくいのも、ステンレス包丁の魅力です。しかし、素材が硬い故に「研ぎにくい」というデメリットもあります。

一般的な家庭で使う場合は、サビにくく手入れしやすいステンレス包丁がおすすめです。

鋼包丁の特徴


鋼包丁の特徴のひとつとして挙げられるのが「切れ味」です。ステンレス包丁にはない切れ味があるので、プロの料理人や板前でも、ステンレス包丁より鋼包丁を好む傾向にあります。

もちろん、僕も好んで使っています。しかし、鋼包丁はすぐに切れ味が悪くなるのがデメリットです。ステンレス包丁より硬くないので、使っているうちに、すぐに切れ味が悪くなっていきます。

切れ味だけでなく、鋼なのでサビやすいのもデメリットのひとつです。そのため、サビないように鋼包丁の手入れが欠かせません。

切れ味の話に戻りますが、切れ味が悪くなったら研いで、切れ味を良くすれば良いだけです。僕は包丁を研ぐことが苦になりませんし、こういった製品を使って軽く研いでいます。


時間とお金に余裕がありましたら、僕は砥石で本格的に包丁を研ぎます(^▽^)

ステンレス包丁と鋼包丁、どっちがいいの?

どっちがいいのかについては、人によります。ステンレス包丁と鋼包丁は誰に向いているのかを簡単にまとめてみました。

  • ステンレス包丁:一般家庭に向いている。面倒くさいという人にも向いている。
  • 鋼包丁:本格的に料理したい人に向いている。包丁を研ぐことに苦がならないという人にも向いている。

こんな感じですね(^▽^)

まとめ

包丁はステンレス包丁と鋼包丁、どっちがいいのかについて紹介しましたが、正解はありません。自分に合った包丁を選べば良いだけのことですから。

僕は最初、ステンレス包丁を使っていましたが、鋼包丁を使って以降、その切れ味に魅力を感じて、現在に至ります。

新しい包丁を買いたいという方は是非、この記事を参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました