重要なお知らせ

2024年7月18日

当サイト「カジヒラのブログ」の移行は、7月末までには完了します。それに伴い、更新を停止、Googleアドセンス広告を削除しました。移行が完了すると、僕はこのサイトに訪れることがなくなります。

以降の連絡・問い合わせは、X(Twitter)かYouTubeとなります。サイト売却後でも、YouTubeで動画投稿していきますので、チャンネル登録をよろしくお願いします。

Twitchでゲーム配信しています。

記事を開くと音声が流れることがありますが、それは僕自身が現在、Twitchでゲーム配信している音声です。音声を消したいときは記事下にスクロールして、表示されているTwitchプレイヤーのボリュームをミュートにするだけです。よかったら視聴するか、僕のTwitchチャンネルに遊びに来てください。

【JAVA版】経験値・アイテム系トラップ PR

【マイクラJAVA/1.21対応】村にたくさん湧いたアイアンゴーレムを安全に処理する方法を紹介!【完全手動式アイアンゴーレムトラップ】

村にたくさん湧いたアイアンゴーレムを安全に処理する方法を紹介!【完全手動式アイアンゴーレムトラップ】
当サイトのコンテンツにプロモーション(広告)が含まれています。

どうも、カジヒラです。

みなさんはマイクラJAVAをプレイしていて、拠点に村を作っていると思われますが、たくさんのアイアンゴーレムが出て、悩んだことはありませんか?

確かに、アイアンゴーレムが多ければ、侵入してきたモブの処理をアイアンゴーレムが確実にこなしているので、アイアンゴーレムが多い部分にメリットがあります。

しかし、多過ぎるので数を減らしたい、かと言って迂闊に攻撃をするとアイアンゴーレムの反撃を喰らって昇天、になるのがほとんどです。

そこで今回おすすめしたいのが、完全手動式アイアンゴーレムトラップです。全自動とは違い、手動であるのがデメリットですが、少ない材料でアイアンゴーレムを安全に処理できるのが最大の魅力です。

ネザーに行かなくてもできる、初心者向けのトラップとなります。鉄がたくさん手に入るので、鉄不足がほとんど解消されます。

鉄不足で悩んでいる、だけどアイアンゴーレムが多い、多くなったアイアンゴーレムを処理したいという人は是非、本記事を参考にしてみてください。

ちなみに、以下の記事は、ゾンビを使ったパニック式のアイアンゴーレムトラップの作り方を紹介しています。JAVA版限定ですが、良ければ参考にしてみてください。

超簡単!初心者でもできるパニック式アイアンゴーレムトラップの作り方を紹介!最高効率で鉄インゴット大量入手!
【マイクラJAVA/1.21対応】超簡単!初心者でもできるパニック式アイアンゴーレムトラップの作り方を紹介!最高効率で鉄インゴット大量入手!どうも、カジヒラです。 今回は、超簡単で初心者でもできる、高性能かつコンパクトなアイアンゴーレムトラップの作り方をご紹介していきま...

完全手動式アイアンゴーレムトラップとは?

完全手動式アイアンゴーレムトラップとは、アイアンゴーレムを落とし穴に誘導して、鉄インゴットを回収するトラップです。

プレイヤーがアイアンゴーレムに攻撃すると、アイアンゴーレムが追いかけてきます。プレイヤーを昇天させるまで追いかけ続けます。

その仕組みを利用して、予め作っておいた落とし穴に落として、鉄インゴットを回収するというわけです。もちろん、ただの落とし穴ではありません。

落とし穴に溶岩があります。その溶岩でアイアンゴーレムを昇天させて、鉄インゴットを回収します。

リードがあれば、アイアンゴーレムにリードを付けて、落とし穴に連れて、その落とし穴に落とすやりかたもあります。

手軽に作れるのが、完全手動式アイアンゴーレムトラップの魅力ですね。

完全手動式アイアンゴーレムトラップの材料はこちら

今回使った、完全手動式アイアンゴーレムトラップの材料をこちらにまとめました。というか、落とし穴に使う材料ですね。

トラップドア×6 ※木材であれば何でもいい

  • 溶岩入りバケツ×1
  • 看板×6
  • ホッパー×6
  • チェスト×2
  • 建築ブロック×18 ※ここは好み

これだけです。

作る場所はどこが良い?

作る場所は、アイアンゴーレムがいる村の隅っこですね。迷惑にならないところであれば、どこでもいいです。

村の中に作っても問題ないのですが、なるべく影響のないところで作るのが理想ですね。

【画像有り】完全手動式アイアンゴーレムトラップの作り方!その手順をまとめ

その1:落とし穴を作る

まずは、2×3の範囲で穴を掘ります。

続けて4ブロック分、穴を掘ります。深さ5ブロック分になるはずです。

わかりやすく、マス目のある滑らかな石に変えました。

穴の中から適当に壁を掘りますが、自分の場合は2×3の範囲で壁を掘ります。適当にですけどね。

目的は地上との出入口を作るのが目的です。こんな感じに…。

適当なんですけどね。それじゃ、穴の中に戻ります。

次はチェストをこんな風に設置します。

ラージチェストですけどね。そのラージチェストに、ホッパーをくっつけます。さらに他のホッパーをホッパーにくっつけて、連結させます。

次は看板を設置。ホッパーの地面から2段目の壁に看板を設置します。

上から見えると…。

こんな感じになります。設置した看板の上に、溶岩入りバケツでマグマを流します。

さらにマグマの上にトラップドアを設置。

設置後、トラップドアを開きます。

あとは誘導しやすいように、適当に装飾して…。

さらに、トラップドア手前にレバーを置きます。

ちょっと、トラップドアが開いた状態の画像がないのですが、なくてもいいか…。

レバーをONにした状態にします。これは無くても良いのですが、落とし穴に落ちたアイアンゴーレムが這い上がろうとするときがあります。

それを防ぐために、レバーをOFFにしてトラップドアひとつ閉じるだけで、落とし穴の底に落とすことができます。

これで、完全手動式アイアンゴーレムトラップは完成!試しに動かしてみますね。

その2:完全手動式アイアンゴーレムトラップの利用方法

クリエイティブモードで、鉄ブロック4個とくり抜かれたカボチャでアイアンゴーレムを召喚。サバイバルモードに切り替えて、アイアンゴーレムにパンチしても、なにも起きません。

どうやら、プレイヤーが召喚したアイアンゴーレムだと無反応のようです。というわけで、村を作って、アイアンゴーレムをスポーンさせるようにしました。

スポーンしたアイアンゴーレムにパンチして、怒り狂ったアイアンゴーレムを落とし穴にうまく誘導させます。

這い上がろうと必死ですね。これでもアイアンゴーレムをマグマで昇天させることができますが、ドロップするはずの鉄インゴットが消し炭になります。

そんなときは、レバーを操作してトラップドアを作動させます。

以上の画像の通りになればOKです。

中の様子はこんな感じです。

アイアンゴーレムが昇天した後、チェストの中を見ると、

こんな感じになります。

実はアイアンゴーレムにリードを付けて、落とし穴に落とすのが理想です。なぜなら、マグマに落ちても、もがくことがないからです。

こんな感じですが、ちょっと画像が暗くてすみません。

話しを戻しますが、このまま落とし穴に誘導して、落とします。リードを付けたまま落としても、

リードを失うことがありません。ほとんどないと言えるでしょうね。

こんな感じでうまくいけば、完全手動式アイアンゴーレムトラップは完成です!

完全手動式アイアンゴーレムトラップに関するよくある質問

完全手動式アイアンゴーレムトラップに関する、よくあるであろう質問を僕なりに考え、以下にまとめました。

  • マイクラ統合版でも利用できる?
  • やっぱり全自動的なアイアンゴーレムトラップが良い
  • マグマダイブで全ロスしてしまった

3つの質問をそれぞれ挙げて、回答とその理由を解説していきます。

マイクラ統合版でも利用できる?

利用できます。アイアンゴーレムがうざいと思ったら、昇天させてもいいでしょう。

やっぱり全自動的なアイアンゴーレムトラップが良い

僕もそう思います。

完全手動式アイアンゴーレムトラップは低コストで作れるトラップです。

ある程度、余裕が付いたら、完全自動式アイアンゴーレムトラップを作りましょう。

マグマダイブで全ロスしてしまった

ご愁傷様です。

全ロスしてしまったアイテムは元に戻りません。気を取り直して、前に進みましょう。

まとめ

完全手動式アイアンゴーレムトラップの作り方を紹介しました。

急に鉄が必要になり、湧いたアイアンゴーレムを倒して鉄を手に入れたい、だけど返り討ちにされてしまうと悩んだ人は、完全手動式アイアンゴーレムトラップをお試しください。

余裕ができたら、完全自動のアイアンゴーレムトラップを作ると良いでしょう。

それでは、良いマイクラライフを…。

関連記事

POSTED COMMENT

  1. 小学生 より:

    こういったことをしなくても3個ブロックを積んで叩けばいいんじゃないですか?

    • カジヒラ より:

      自分も思いました。昔のやり方ですからね、これは…。
      だけど、なにかあったときに安全に出入りできるようにしないと…。
      と、自分の中で言い訳していますw

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)