光回線の販売代理店を利用するメリットはない!その理由を徹底解説

インターネット
スポンサーリンク

どうも、カジヒラです。

インターネットというより光回線に関連した記事を書いていて、気づいたことがあります。それは、光回線の販売代理店の存在です。

光回線の販売代理店を利用すると、キャッシュバックまたは豪華賞品が付いてくるので、代理店経由で光回線の利用を契約するメリットはあると言えるでしょう。

だけど、僕からしてみれば、光回線の販売代理店を利用するメリットはなにひとつないと断言します。

今回は、その理由について紹介します。これから光回線を利用したい、販売代理店を通して契約を検討している方は是非、この記事を参考にしてみてください。

光回線の販売代理店とはなにか?

光回線の販売代理店とは、光回線を提供する回線事業者に代わって、光回線の販売や契約手続きを代行する業者のことを言います。

わかりやすくまとめますと、回線事業者がインターネット回線を販売しているのではなく、代理店が販売しているというものです。

回線事業者と言えば、フレッツ光を提供するNTT東日本またはNTT西日本が思い浮かぶのですが、NTTだけではありません。

ドコモ光やauひかりやソフトバンク光など、携帯事業者のキャリアも光回線の事業に参入しております。

もちろん、これら事業者の販売代理店もあります。

  • フレッツ光ならNTT東日本とNTT西日本の販売代理店
  • ドコモ光ならドコモの販売代理店
  • auひかりならauの販売代理店
  • ソフトバンク光ならソフトバンクの販売代理店

回線事業者と代理店契約を結んだ業者は、回線事業者に代わって、光回線を販売する権利を持っています。

販売代理店のトップページのサイトに「〇〇代理店 株式会社〇〇」とよく見られます。

多くの人は「なんでNTTじゃない会社が販売しているの?」と疑問を抱くかもしれませんが、実際に販売代理店は回線事業者と代理店契約しないと光回線を販売できません。

代理店が光回線の販売と契約手続きを代行しているのは間違いないと断言できる根拠となります。

光回線の販売代理店を利用するメリット

光回線の販売代理店を通して利用するメリットは以下の通りです。

  • キャッシュバックがある
  • 豪華賞品がある

キャッシュバックがあるのは非常に魅力で、そのキャッシュバックで工事費など初期費用を補填できます。

豪華賞品についてですが、販売代理店によって扱っているところと扱っていないところがあります。

豪華賞品の内容は販売代理店によって異なりますが、PS4やニンテンドースイッチ、ノートパソコンやタブレット端末はよく見られます。

確かに豪華賞品と言えば豪華賞品なのですが、僕から見れば、ニンテンドースイッチ以外は価値がありませんね。

ノートパソコンは低スペックですし、タブレット端末も前世代のタイプであるのがほとんどです。

PS4については、すでにPS5が発売されているので、豪華賞品として選ぶ価値はそれほどありませんね。

光回線の販売代理店を利用するデメリット

光回線の販売代理店を利用するデメリットは、以下の通りです。

  • 販売代理店の中には強引に勧誘してくる業者がいる
  • キャッシュバックの条件が厳しい
  • 光コラボレーションの存在により必要性が感じない

3つのデメリットをそれぞれ挙げて、解説していきます。

販売代理店の中には強引に勧誘してくる業者がいる

光回線の販売代理店の中に、悪質と言わんばかりに強引に勧誘してくる業者がいます。

そういった業者は消費者のことを差し置いて金儲けのことしか考えておらず、信頼に値しません。

仮に契約が取れたとしても、長くは続きません。むしろ悪評が続き、次第に誰も来なくなります。

本当の意味での優良販売代理店は、勧誘することすらせず、口コミと評判と信頼だけで勝負しています。

新規に参入する優良販売代理店は、キャッシュバックなどのキャンペーンを行いますが、勧誘は積極的にしません。

魅力的なキャンペーンが広告となって人を呼び、評判が良ければ良くなるほど、次第に人が集まってきます。

まとめると、強引に勧誘してくる業者は利用する価値はないということです。

キャッシュバックの条件が厳しい

光回線の販売代理店によってキャッシュバックの金額は異なりますが、キャッシュバックの条件が厳しいのがデメリットです。

例えば、光回線の販売代理店のひとつである株式会社エフプレインのキャッシュバックの条件にご注目ください。

フレッツ光(SOHOのみ)+指定プロバイダ
+ギガらくWi-Fi+ひかり電話A(エース)+即日申込完了
⇒79,999円キャッシュバック
引用:株式会社エフプレイン/キャッシュバック

フレッツ光には個人向けの他に法人向けというものがあります。引用文に記載されている「(SOHOのみ)」とは、法人向けに提供しているプランです。

つまり、このキャッシュバックの条件を満たすためには、法人向けのフレッツ光と契約しなければならないということです。

これらの条件を満たすと月額料金はいくらかかるのかを簡単にまとめてみました。

フレッツ光(SOHOのみ)
※フレッツ 光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ
6,270円(税込)
※通常料金
指定プロバイダ
※Yahoo!BBの場合
1,320円(税込)
ギガらくWi-Fi 4,180円(税込)
ひかり電話A(エース) 1,210円(税込)

NTT東日本の法人向けフレッツ光を中心に参考にしましたが、合計にするとなんと12,980円(税込)と、かなり高額になります。

もちろん、割引などの適用によって、安くなる場合もあります。

個人で利用するのは厳しいのですが、個人事業主や法人にとって、このキャッシュバックの条件を満たすのは簡単と言えるでしょう。

光コラボレーションの存在により必要性が感じない

光コラボレーションとは、光回線とプロバイダーをセットにしたサービスです。

そのサービスを提供する事業者のことを光コラボレーション事業者と言います。

光コラボレーションの存在によって、必要性が感じられないのが、光回線の販売代理店のデメリットです。

なぜかと言いますと、光コラボレーションの特徴にあります。その特徴を以下にまとめました。

  • 光コラボレーション事業者の多くはプロパイダサービスを提供している会社
  • 光回線とプロバイダーのセットで販売している
  • 光コラボレーションと契約するだけでインターネットが利用できる
  • 価格競争などの理由で月額料金が非常に安い
  • キャッシュバックまたは工事費無料のキャンペーンを企画している

高額な工事費を無料にしたいだけなら、光コラボレーションで十分でしょう。

新規に光回線を利用する人にとってデメリットはないと言えますが、従来の光回線から光コラボレーションに乗り換え・転用する人にとってはデメリットがあります。

そのデメリットを以下にまとめました。

  • 自分で手続きする必要がある
  • 光コラボレーションの事業者が多い
  • 悪質と言っても過言ではないくらいの勧誘電話がある
  • 光コラボレーションに転用した後、フレッツ光のポイントが利用できなくなる
  • プロバイダーを変更しなければならない場合がある
  • フレッツ光の工事費を一括で支払わなければならない場合がある

今まで利用していたプロバイダーが光コラボレーション事業者であれば、解約金を支払うこともなく、光コラボレーションのサービスに変更することができます。

しかし、そのプロパイダーが光コラボレーション事業者ではない場合は、光コラボレーションを提供しているプロパイダーに乗り換えなければなりません。

前に利用していたプロバイダーを解約するとき、解約金を支払わなければならない場合があることを注意しなければなりません。

今までフレッツ光の工事費を分割で支払っていた場合、光コラボレーションに転用の手続きを取ると、分割払いから一括払いに変更され、残金を一括に支払わなければならない可能性があります。

まとめると、キャッシュバックなどのキャンペーンを利用したいなら、光回線の販売代理店ではなく光コラボレーションの利用がおすすめです。

おすすめの光コラボレーションを教えて!

おすすめの光コラボレーションの事業者は3種類あります。

・PS5などのゲームをしているならSo-net(ソネット)
事業者名:ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社

光コラボレーション:So-net 光 プラスの光回線インターネット | So-net
NTTの光ファイバー回線「フレッツ 光ネクスト」を利用した So-net の光ファイバーサービス「So-net 光 プラス」。他社回線からのお乗り換えならSo-netがおすすめ。高速インターネットが楽しめる次世代通信方式IPv6(IPoE)に対応

・縛りなし&高額な工事費無料のキャンペーンを利用するならエキサイトMEC光
事業者名:エキサイト株式会社

IPv6 IPoEで速いインターネット回線 | エキサイトMEC光
「excite MEC光」は、次世代のネットワーク(IPv6 IPoE)を採用し、「混雑なく安定した通信」を可能とした新しいインターネット接続サービスです。初期費用無料キャンペーン実施中

・縛りなし&キャッシュバックで選びたいならDTI光
事業者名:株式会社ドリーム・トレイン・インターネット

DTI 光|最低利用期間なしの接続サービス
DTI 光は、「光回線」と「プロバイダサービス」をセットにした最低利用期間なしのインターネット接続サービスです。今なら実質工事費無料!!

共通点は光コラボレーション事業者であることです。

「光コラボレーションモデル事業者様」及び「お取り扱いサービス」一覧 | 光コラボレーションモデル | NTT東日本
【光コラボレーションモデル】について、「光コラボレーションモデル事業者様」及び「お取り扱いサービス」の一覧を掲載しています。

僕がおすすめしたい光コラボレーション事業者ですし、光回線が来たら利用したい候補にも入っています。

迷いますね…。

光回線が使えるようになって、さっそく利用したい人や、別のところから乗り換えたいという人は是非、参考にしてみてください。

まとめ

光回線の販売代理店について紹介しましたが、はっきり言って、利用するメリットはなにひとつありません。

高額なキャッシュバックのキャンペーンが光回線の販売代理店で行われているのですが、法人向けなので、僕達個人にとっては無縁です。

それなら光コラボレーションを利用して契約し、キャッシュバックや工事費無料のキャンペーンを利用したほうがまだ得です。

僕ならそうします。早く僕が住んでいる地域に光回線来ないかな?2022年4月までが待ち遠しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました